FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
行きたいの
こんばんは。
昨日は愛する音楽部の引退打ち上げで、某変なラーメン屋さん→カラオケでした。

転びました。

マックの前でエスカレーターから降りて曲がろうとしたら左足が“ズベッ!!!”って右足の前に滑りでてきました。でもなんとか体勢立て直しました。あまりに恥ずかしいので小走りに立ち去ろうとしたら、うん、きっとどこかの組織(受験生を必要以上に滑って転ばせて不吉な不安感に苛まれるようにしてやろう団(長い))の罠だったのでしょう。
ハンバーグ屋さんの前で、左足が右足の前に滑り出てきて、そのまま、“ズバンッ”とぶっ倒れました(言葉遣いよくない)
お店の方びっくりして声かけてくださいました。私は(悪いことしてないのに)謝りながら走って逃げました。
痣にはなっていませんが、左手と左ももがズキズキします。現在進行形です。~ingです。つつです。しくしく。
後輩に『椛ー高校3年生だろー』と抑揚の無い声で言われました。
穴掘ってでも入りたい・・・。

そしてそして、話は変わって今日のこと。

ジャーン☆
第一志望の大学のオープンキャンパスに行って参りました★☆
以前少し触れたかもしれませんが、私が行きたいのは地方の国公立大。朝五時起床で6時半の特急に乗ってプチ旅行は始まりました。
都会を潜り抜け、単語帖の視線を向けていたと思ったら、あらまぁ、辺り一面山だらけ。眼下に走る川が私を喜ばせました(椛は川が大好き♪)山は白いベールを纏っていました。手を伸ばせば本当に届いてしまいそうなくらい。思わず知り合いもいないのに一人でにっこり。イヴに感動を伝えました☆
さてそろそろだ。大学はどこ??と、あともう一回乗り換えがあることをすっかり忘れてキョロキョロ。そうだった②、乗り換え、て!来た電車は私の街を走るそれと同じ型でした。なんだか、地元にいるみたい・・・。ぼんやりする私に『そんなことないよ!』とハッとさせる川。ふんわり微笑む白い雲。霞のような雲。
駅員さんがまわってきて、切符拝見。   あ!!!!  丸っこいホチキスみたいなスタンプ持ってる!!平成生まれのくせしてそれがなんだか懐かしくて、駅員さんを呼んで特急からの乗り換えなのですが、とお話したら、ぺらぺらの切符の代わりの紙をくださいました。そこはちょっとJRと違うので紙をよーくみたら、太い文字の後ろに薄い字で【てつだう】ってたくさん書いてありました☆なんともラブリー♪持って帰りたかったけれど、駅に着いたら駅員さんに奪われちゃいました・・・。

さて、やってまいりましたT大学☆まず、駅が可愛い!!ログハウスみたい♪駅降りたらすぐ大学の方がいて道を教えてくださいました。
大学について、過去問とキャンパス案内を受け取って、群れをなすほどに飛んでいるツバメの門をくぐって中に入って、
①大学説明②学科別講座体験③アカペラサークル見学④合唱団見学⑤学科別説明会⑥学食でごはん(無料☆)⑦ふらふら
しました★☆
⑤で大学の先生がおっしゃたことがとても素敵でした。私は、その、国文学科に行きたいのですが、なんとなく【国文学】科に行きたくて、【日本文化学】科とか【人文科学】科とかはなんかなぁ・・・と思っていたんです。そしたら!その先生がそのまんまのことをおっしゃいました。
「T大学は国文学科という名前を守っています」
・・・ですよね?!その方が素敵ですよね?!やっぱそうっすよね??!!(言葉遣い良くない)
嬉しかったです♪
合唱団では、一曲目何歌うのかなぁって思っていたら

《♪はっこねーのやっまはーてーんかっのけん!!!》

『っぃY田ぁ―――――――!!!!!!』

我が音楽部の現部長である彼がたびたび口ずさんでいる歌だったものですから、思わず吹き出しかけてしまいました(かろうじて・・・)綺麗でした♪

あまりいろいろ書けませんでしたが・・・、すっごく、行きたくなりました。本当に本当に、あ、浪人してでも行きたいって、思ってしまいました。
山の中にポツンと在る大学、都会から離れた国文学を誇る大学。
正に私の行きたい大学でした。


晩御飯はイヴとファミレスで食べました。わざわざ私のお家の駅まで来てくれて私の帰りを待っていてくれたの☆メニューと一緒に置いてあった間違い探しを、全部見つけられるまで食べちゃダメ!ってことにしたら、私も大分時間がかかりましたが、なんとか見つけてスープを飲みつつ笑ったら、冷たい視線。・・・・・・・イヴ本気だ。
いや、怖かったです。食べていいよって言っても断るだろうし、ヒント嫌がりそうだし、食べにくいし・・・。イヴは勝負事に熱くなるタイプみたいです。最終的に私がヒントあげて、見つけて、いつものイヴに戻りました。ふぅ・・・。間違い探しで喧嘩なんかしたらそれこそ間違いだって。危ない②。
そのあと、大きい公園の屋根つきベンチの下でしばらく愛してるをもらって、帰りました。
イヴが帰って30分くらいしてから携帯を出したら【着信6件】・・・はい?!
急いでかけたら『ごめん、びっくりした?で、もっとびっくりすると思うんだけど、今家の前にいる』・・・はい?!
晩御飯代立て替えてもらって払うの忘れてたので、電車賃足りなくて、チャイム鳴らすに鳴らせず、30分間、家の前で待っていたそうです。憐れ。汝当憐。
そして、今、イヴが連絡すると言ってしないところをみると、お父様お母様に叱られてやしないかと心配だったりします。

合掌!!!!


スポンサーサイト
【2007/07/22 00:02】 ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<一歩 | ホーム | イヴへの 恋の詩>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://koharubiyorinoyokihi.blog86.fc2.com/tb.php/102-1e88ad44
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。